アニメ聖地対決「君の名は」と「氷菓」飛騨のロケ地を徹底比較!両者を比べてベストな聖地巡礼を楽しもう

スポンサーリンク
アニメ

今や日本のアニメは日本文化に欠かせないものとなり、世界中にファンが居ます。

かつては「マンガばっかり読んでないで勉強しなさい!」というセリフが、マンガの中にも登場するほどでしたが、今は大人でも楽しくマンガを読んでいます。

元総理大臣の麻生太郎氏も、マンガが大好きな大人の一人です。

スポンサーリンク

近くにある2大アニメの聖地

映画で大ヒットを飛ばした君の名は。

聖地巡礼と称し、多くの観光客が作品のロケ地を訪れました。

同じように、氷菓も、聖地巡礼として大勢の観光客やファンで賑わったことがあります。

この記事では、その二大アニメ聖地を徹底比較し、外せない観光スポットや、飛騨高山と飛騨古川の違いなどをご紹介いたします!

「君の名は。」の聖地は?


アニメ映画「君の名は。」の中で多く使われていた場所が、岐阜県の飛騨地方です。

中でも、飛騨古川は、場所も方言も使われました。

瀬戸川沿いの景観はとても美しく、観光地としても人気があります。

三葉の妹が朝「はよ、しない!(早くしなさい)」と言っていますが、飛騨でよく使う言葉です。

その他に、新海誠監督の出身地である長野県の諏訪湖や、東京のバスタ新宿などが描かれました。

「氷菓」の聖地は?


一方「氷菓」は、このミス(このミステリーがすごい!)で賞を受賞したこともある、人気作家、米沢穂信さんの作品です。

登場人物に因んだ「えるたそ」という言葉も、ネット上で流行になりました。

こちらは、作者の出身地である飛騨高山が多く描かれています。

アニメ放映当時は、街中に氷菓のラッピングを施したバスが走り、図書館では「米沢穂信」特集が組まれていました。

作中に登場する、生き雛まつりは実際にある祭りで、聖地巡礼者のためにイベントが開催され、声優のお手製おにぎりを配布したこともありました。

後に氷菓は映画で実写化されましたね☆

コメント