八村塁と田臥勇太!日本の新旧NBAプレーヤーを比較!

スポンサーリンク

日本人初のNBAドラフトに指名されての入団。

そして、その中でも1巡目指名、その中でもトップ10人に入っての指名。

 

八村塁選手が、ドラフト第9位でワシントン・ウィザーズに入団し、バスケットボール界の歴史を塗り替えました!

 

そこで今回は、そんな八村塁選手と、日本人初のNBA選手となり、こちらもバスケットボール界の歴史を塗り替えた、田臥勇太の2両選手を紹介・比較していきます!

 

まさに新旧の日本人NBAプレーヤー、そして新旧の日本バスケットボール界のレジェンドと言っていい存在です!

それでは見ていきます!

スポンサーリンク

八村塁のプロフィール

八村塁(はちむらるい)選手は、富山県出身、21歳(1998年2月8日生)のプロバスケットボール選手です。

現在はアメリカ、バスケットボールの最高峰、NBAのワシントン・ウィザーズに所属しています。

 

身長が203cm、体重が104kg、両手を広げた時の長さであるウィングスパンが217cmと、恵まれた体格を持っています。

また、母が日本人、父がベナン人のハーフで、恵まれた身体能力も持っています。

 

恵まれた身体能力とポジショニングを生かしたリバウンド、中距離のシュートの正確さ、DF能力の高さを武器に主に戦っています。

 

中学校、高校と全国大会で暴れまわり、個人でもチームでもタイトルを手にしています。

 

また高校時代には、世代別の代表を、田臥勇太選手世代以来となる世界選手権への出場に導いています。

その世界選手権でも、アメリカ代表など強豪がいる中で、大会得点王になるなど活躍をしています。

 

その活躍も認められ、アメリカの大学バスケットボールの強豪、NCAAのゴンザガ大学に進学します。

 

ゴンザガ大学では、1年目こそ語学などの問題から思ったような活躍を残せませんでしたが、メキメキと頭角を現し、3年目の最後のシーズンでは、ゴンザガ大学のエースとして活躍しました。

 

NBAでは、いきなりスターターに入れるほど甘くはありませんが、ポテンシャルは抜群で、NBAでもトップの選手が集まるオールスター出場も、数年後には狙えるほどのポテンシャルを持った選手です!

田臥勇太のプロフィール

田臥勇太(たぶせゆうた)選手は、神奈川県横浜市金沢区出身で、現在38歳(1980年10月5日生)のプロバスケットボール選手です。

現在は、Bリーグの強豪、栃木ブレックスに所属しています。

 

プロ入り前の高校時代には、秋田県の能代工業高校で1年生の春からスターターとして活躍し、3年連続でインターハイ、国体、全国高校選抜大会の3大タイトルを獲得し、高校9冠を成し遂げました。

 

その活躍もあり、高校時代には世界ジュニア選抜にも選出されています。

 

大学はアメリカのブリガムヤング大ハワイ校に進学しますが、怪我などの影響もあり、思ったような活躍も出来ず、日本のトヨタ自動車アルバルク(現アルバルク東京)に加入します。

 

1シーズンだけトヨタ自動車アルバルクでプレーした後に、NBAの再挑戦をし、契約しましたが試合に出場することなくロングビーチジャムアルビレックスと言うアメリカのチームに移籍します。

そこでは、マイケル・ジョーダンと共にシカゴ・ブルズの黄金期を支えた、デニス・ロッドマンともプレーしています。

 

そして、その年フェニックス・サンズと契約を結び、ついにNBAデビューを果たしています。

 

フェニックス・サンズを解雇された後は、3年ほどアメリカのチームを転々とし、NBAへの復帰を目指しますが、日本のバスケットボール界に復帰しています。

 

身長は175cmと、日本の中でも決して高くない選手ですが、そんな中NBAでのプレーに漕ぎつけた、まさにレジェンドと「言うべき選手です。

八村塁・田臥勇太 実績を比較!

実績で言うと、八村塁選手の方が上でしょう!

NBAドラフトの1巡目、10位以内で呼ばれるというのは、世界中のバスケットボール選手のエリート中のエリートしか経験することが出来ません。

 

しかし、日本のバスケットボール界への功績という点では、田臥勇太選手の方が上で、田臥勇太選手が残してきたものは計り知れません!

まとめ

総合的に見ると、八村塁選手の方が上でしょう。

 

しかし、日本のバスケットボール界には才能あふれる若手が多いので、この2選手を超える存在も現れるかも知れません!

 

そして更に、この2選手以外にも、現在メンフィス・グリズリーズでプレーする渡邊雄太選手も、NBAでプレーをしています。

NBAで日本人対決が見られる。と言うことです!

凄い時代がやってきました!

 

進化が止まらない日本のバスケットボール界から、目が離せません!

コメント