八村塁とザイオン・ウィリアムソン。NBAドラフト大注目の2人を徹底比較!

スポンサーリンク

View this post on Instagram

📊 #NBARooks STAT LEADERS! 📊

A post shared by NBA (@nba) on

皆さんもご存じ、バスケットボールの最高峰、アメリカのNBA。

そんなNBAで史上初めて、日本人選手がドラフトにかかりそうです!

これは、日本人として間違いなく知っておかなくてはいけないことですよね!

 

過去には田臥勇太選手、現在ではメンフィス・グリズリーズとNBAGリーグのメンフィス・ハッスルの間で2WAY契約している渡邊雄太選手がNBAでプレーしていますが、ドラフトでの入団ではなかったので、次のドラフトで八村塁選手がドラフトにかかることがあれば、かなりの偉業と言えます!

 

しかも、かなり上位での指名になるのではないかと言われています。

世界中の才能あふれる若手などが指名される、NBAドラフト。そこで上位指名されると予想されている八村塁選手。怪物です。

 

そんな怪物八村塁選手を差し置いて、次のNBAドラフトで1位指名されるのではないかと予想されているのが、ザイオン・ウィリアムソン選手です。

 

アメリカでは、マイケル・ジョーダン引退後のNBAを席巻してきた、“キング”レブロン・ジェームス2世。また、そのレブロン・ジェームスを超す能力を持っているのではないかと言われているザイオン・ウィリアムソン選手。

 

今回は、そんな2選手を様々なことから比較などをして紹介していきます!

 

目次

・八村塁のプロフィール
・ザイオン・ウィリアムソンのプロフィール
・八村塁とザイオン・ウィリアムソンのプレースタイルを比較
・八村塁とザイオン・ウィリアムソンはNBAドラフト後どうなる?
・まとめ

スポンサーリンク

八村塁のプロフィール

Page Not Found • Instagram

八村塁選手は、1998年2月8日生まれ、富山県出身の日本代表バスケットボール選手です。

現在は、アメリカの学生バスケットボールの最高峰、NCAAのゴンザガ大学バスケットボール部に所属しています。

 

日本では、中学校と高校の時にどちらでも全国制覇を果たしていて、鳴り物入りでアメリカの大学バスケットボール界に挑戦しています。

 

身長は204.5cmで体重は108kg。ポジションはSF/PFで、お母さんが日本人、お父さんがベナン人のハーフです。

 

何と言っても、身体能力が高いNCAAの中でも身体能力が高く、強力なリバウンドや豪快なダンクも得意としています。

また、ゴール下だけではなく中距離からのシュートのタッチも良いので、相手からすると非常に厄介な選手です。

ザイオン・ウィリアムソンのプロフィール

ザイオン・ウィリアムソン選手はNBAのチームと勝負しても勝つことが出来ると言われている、NCAA史上で見ても最強言われるチーム、デューク大学に所属しています。

ポジションは、八村塁選手と同じSF/PFです。

 

身長は201cmで体重は、なんと129kgあります。

バスケットボールのポジションで1番背が大きいCのポジションの選手が、基本的にこれくらいの体重なので、かなりの重量級です。

 

もう少し身体を絞った方がいいと言う声もありますが、筋肉量も多いので、身体能力も抜群に高く、豪快すぎるダンクやブロックを得意としています。

跳躍力と身体能力はNBAを入れてもトップクラスです。

 

それに加えて、最近では3ポイントシュートの確率も高くなってきているので、いよいよ本当に止められない選手です。

八村塁とザイオン・ウィリアムソンのプレースタイルを比較

View this post on Instagram

📸F L A S H I N G L I G H T S📸

A post shared by Zion Williamson (@zionwilliamson) on

上でも少し触れましたが、2人は同じSF/PFで、プレースタイルも身体能力を前面に押し出しています。

 

リバウンドでのポジション取りや守備などは、八村塁選手の方がやや優れているとは思いますが、身体能力やダンク、3ポイントシュートの精度などはザイオン・ウィリアムソン選手の方が優れているでしょう!

 

ただ、直接対決では八村塁選手が大活躍し、ゴンザガ大学が勝利しているので、もうすぐはじまるNCAAトーナメントで対戦することがあれば、凄く楽しみです。

八村塁とザイオン・ウィリアムソンはNBAドラフト後どうなる?

View this post on Instagram

🙏🏾Blessed🙏🏾

A post shared by Zion Williamson (@zionwilliamson) on

これからの活躍によって変動はありますが、現地でも八村塁選手は1巡目で指名されると予想されています。

その予想が12位になったり、4位になったりしていますが、NBA入りはほぼ間違いなさそうです。

チームは、NBA屈指のPGカイリー・アービングも所属する、ボストン・セルティックになるのではと言われています。

 

一方のザイオン・ウィリアムソン選手は、どのメディアも3位以下の予想を出していません。

最近では、1位以外の予想をあまりされなくなっています。

 

チームは、現在NBAで最低勝率を誇っているニューヨーク・ニックスになるのではと言われています。

そんなすごい選手が弱いチームに。。。と思う人もいるかも知れませんが、NBAは大金もからむビッグビジネスなので、様々な思惑が渦巻いています。

 

そして、ニューヨーク・ニックスはザイオン・ウィリアムソン選手加入後に、スター選手を獲得することを目論んでいるので、そうなれば破壊力が半端ないチームが誕生しそうです。

 

ドラフトの順位を比べるとなると、ザイオン・ウィリアムソン選手の方が上ですね!

まとめ

View this post on Instagram

🔵😈🔥ALLOW ME TO REINTRODUCE MYSELF🔥😈🔵

A post shared by Zion Williamson (@zionwilliamson) on

今回は、八村塁選手とザイオン・ウィリアムソン選手を紹介してきました。

今の段階では、ザイオン・ウィリアムソン選手の方が総合的に優れていますが、八村塁選手にも怪我などに気を付けて、NBAのトップ。

そして、日本人史上初となるNBAチャンピオンに輝いてほしいです!

 

更なる盛り上がりを見せるバスケットボール界。もっともっと注目していきましょう!

コメント