NBAで話題のルーキー!ルカ・ドンチッチと過去のヨーロッパ出身選手と比較!

スポンサーリンク

View this post on Instagram

💯👊🏻 #legend #$may

A post shared by Luka Doncic (@lukadoncic) on

今、バスケ界が熱いです!

日本代表も久しぶりにワールドカップの本戦の出場を決め、NBAの舞台でも日本人の渡邊雄太選手が活躍、さらに数多くのNBA選手を輩出したNCAAでも八村塁選手が大活躍しています!

 

そんな熱いバスケ界でも、バスケの本場アメリカのNBAで旋風を巻き起こしているヨーロッパの選手がいます。

 

それが今回紹介するルカ・ドンチッチです。

過去のヨーロッパ出身のNBA選手の中でも、1番の才能を持っているのではないかと言われています!

 

・ルカ・ドンチッチのプロフィール
・ダーク・ノヴィツキーとの比較
・トニー・パーカーとの比較
・まとめ

以上のことから紹介していきます!

スポンサーリンク

ルカ・ドンチッチのプロフィール

View this post on Instagram

🐰😳🤷🏼‍♂️

A post shared by Luka Doncic (@lukadoncic) on

ルカ・ドンチッチは、スロベニア出身でダラス・マーベリックスに所属するNBAプレーヤーです。

身長201cm、99kgでG(ガード)からPF(パワーフォワード)まで4つのポジションを守ることが出来ます。

 

19歳でまだまだ伸びしろが大きい選手で、今後の成長も大きく期待されています!

プレースタイルはと言うと、ミドルシュート、3ポイントシュート、ゴール付近でのシュートなど多彩なシュートのバリエーションを持っています。

それに加えてアシスト能力も高く、掴みどころのない選手です。

 

また、テクニックだけではなく、精神面が半端ないと言われています。

守備の能力や、アジリティの低さが課題として挙げられていますが、その課題を克服した時にはヨーロッパ出身の選手だけではなく、NBAでもトップを争える選手になることは間違いありません!

 

まだまだ若く、粗削りな部分もありますが、現NBAのキング、レブロン・ジェームスや若手のスター選手、ベン・シモンズらと比べられています。

ダーク・ノヴィツキーとの比較

View this post on Instagram

#MavsToTheFuture

A post shared by Nick (@nikonickk) on

近年のヨーロッパ出身のNBA選手で、一番の選手と言われているのが、今シーズン限りでの引退を発表している元ドイツ代表のダーク・ノヴィツキーです。

 

なんと、不思議な運命で、2人は現在同じダラス・マーベリックスに所属しています。

 

ダーク・ノヴィツキーは213cmと言う身長があり、F、PF、Cの3つのポジションをこなします。

こんな身長がありながら、Gの選手と同等かそれ以上の3ポイントを決める選手で、ヨーロッパ史上最高の選手とも言われています。

 

また、1on1にはめっぽう強く、型破りのシュートフォームから得点を量産しました。

 

個人でもNBAファイナルのMVP、世界選手権での得点王、MVP等輝かしい実績を残しています。

そしてチームでも、NBA制覇を成し遂げています。

 

どんな優れた選手でも、NBAのチャンピオンにたどり着けない選手もいるので、ダーク・ノヴィツキーの凄さが分かります。

 

ルカ・ドンチッチはまだNBAシーズン1年目で、記録もまだまだダーク・ノヴィツキーには及びませんが、1年目でかなりのインパクトを残しているので、今後は過去最高のヨーロッパ選手と言われるダーク・ノヴィツキーを超す可能性もあります。

 

2人が一緒にプレーしている奇跡はとても凄いことなので、1試合でも多くこの2人が共にプレーするところを見たいですね

トニー・パーカーとの比較

次に比較するのが、現在シャルロット・ホーネッツに所属していて、サンアントニオ・スパーズで輝かしい成績を残してきたフランス人プレーヤートニー・パーカーです。

 

トニー・パーカーと言えば、ゲームメイクとカットインからのレイアップシュートからゴールを量産してNBAを席巻したPGです。

 

合計で、4度のNBAチャンピオンに輝き、個人でもファイナルMVPに輝いています。

 

中でも、同時期にサンアントニオ・スパーズで共に活躍した、ティム・ダンカンとマヌ・ジノビリとのトリオは史上最強のトリオやビッグスリーと呼ばれ、トリオの通算試合数、通算勝利数の全てで1位になっています。

 

ゲームメイクやテクニックの部分で、ルカ・ドンチッチと比べる部分はありますが、実績などはまだまだトニー・パーカーには及ばないと言えるでしょう。

 

しかし、上でも言いましたがルカ・ドンチッチは19歳なのでこれからの成長次第で個人・チームと共にトニー・パーカーの成績を超す可能性があります。

 

また、ルカ・ドンチッチの周りにスター選手が集まって、ビッグスリーなどを形成するのも期待大です。

まとめ

View this post on Instagram

game time 💯

A post shared by Luka Doncic (@lukadoncic) on

今回は、NBAで1番の若手とも言われるルカ・ドンチッチを紹介しました。

 

まだ19歳ながら、その才能から数多くのスター選手たちと比べられます。

 

そんな数多くのスター選手を超えて、個人としてもチームとしても頂点に行ってほしいなと思います!

 

バスケ界。熱いですね!

コメント