前田大然と上田絢世!コパ日本代表選出の若手ストライカーを比較!

スポンサーリンク

来年の東京オリンピックを見据えて選出された、南米最大のサッカーの大会コパ・アメリカに挑む、日本代表。

 

岡崎慎司選手や香川真司選手など、経験がある選手も選出されましたが、東京オリンピック世代の若い選手が多くメンバーに選出されました。

 

久保建英選手などが取り上げられますが、今回はFW3枠の岡崎慎司選手以外の2人の若手ストライカー、前田大然選手、上田絢世選手について紹介していきます!

 

それでは見ていきましょう!

スポンサーリンク

前田大然のプロフィール

前田大然選手は、大阪府南河内群太子町出身、21歳のサッカー選手で、現在はJ1の松本山雅に所属しています。

 

大阪府出身ですが、山梨学院高等学校に越境入学し、チームの主力として活躍し、高校3年次にはプリンスリーグ関東で得点王になっています。

 

高校卒業後は、大学への進学を考えていた前田大然選手ですが、高校3年次の11月に練習参加したことがきっかけで松本山雅に入団しました。

 

松本山雅入団後は、水戸ホーリーホックへの期限付き移籍なども経験しながら、世代別の代表にも選出され続けています。

 

坊主頭がトレードマークで、試合中に躍動する坊主頭の前田大然選手はファンの間でもかなり愛されています!

上田絢世のプロフィール

View this post on Instagram

あと1つ。 日本がUAEを撃破‼️⚽ 日本 VS UAE 1-0 スーパーサブで出てきた上田くんが価千金のゴール✨👏👏 周囲に叩かれながらもポイチJAPANついに決勝の舞台まで登りつめた(゚Д゚)ノ⌒・⚽✨👍 内容が良くないのは分かるけど勝ってるのに叩かれるって😅 男子サッカー・アジア大会:日本1-0 UAE>◇準決勝◇29日◇インドネシア・チビノン 東京五輪世代のU-21(21歳以下)日本代表はU-23UAE代表に勝ち、決勝進出を決めた。 途中出場のFW上田綺世(あやせ、法大)が決勝点を奪い、銀メダル以上を確定させた。 1日の決勝ではU-23で臨むライバル韓国と対戦する。 決勝の相手は宿敵韓国。 優勝を条件に兵役が免除となることもあり、最後にして最大の難敵を退けアジアのタイトルをつかむ。 他の国はオーバーエイジ枠あり23歳以下と、日本はオーバーエイジなしの21歳以下で主力を欠いた2軍メンバー。 ハンデ背負いながらの決勝進出はスゴい(*・∀・*)ノ なでしこも優勝したし、男女ともに素晴らしい👏👏👏 韓国は兵役免除かかってるから死に物狂いでくるよね💀ラフプレーこわい((( ;゚Д゚))) 日本に優勝して欲しいけど怪我させられないか心配だ😱 #アジア大会2018 #ジャカルタインドネシア #日本決勝進出✨ #上田絢世 #日韓対決 #森保JAPAN #森保一 #ポイチさんの采配ピシャリ

A post shared by ar (@molponar) on

上田絢世選手は茨城県出身、20歳のサッカー選手で、現在は法政大学サッカー部に所属しています。

法政大学サッカー部に所属しながら、下部組織時代を過ごした鹿島アントラーズに特別指定選手として、登録されています!

 

兎にも角にも、大学から日本代表に選ばれると言うことは、とても凄いことですよね!

なんと、大学生が日本代表のA代表に選ばれるのは9年ぶりの快挙だそうです。

 

日本国内でも、まだあまり知名度は高くありませんが、コパ・アメリカでブレイクして一気に日本中のみならず、世界中に上田絢世選手の名前を広めてほしいです!

前田大然と上田絢世 プレースタイルの比較!

 

 

日本代表に初選出された2人ですが、プレースタイルは全く違います。

 

前田大然選手は、173cmとあまり大柄ではありませんが、抜群の加速力と50m、5.8秒で走るスピードを武器にしています。

その能力に加えて、ターンなどの技術が上がり、相手にとって更に嫌な存在になっています。

 

一方の上田絢世選手は、183cmと身長があり、ポストプレーやヘディングなどを武器にしています。

そして得点能力が高く、得点の嗅覚に優れているので、分類すると大迫勇也選手のようなタイプです!

 

プレースタイルが違いますし、どちらも日本代表に選ばれるような選手なので比べづらいですが、J1の舞台でレベルの高い選手を相手に活躍している前田大然選手の方が、今は優れていると言ってもいいでしょう!

前田大然と上田絢世 成績を比較!

 

成績で見てみても、前田大然選手の方が上だと言えるでしょう!

 

世代別の日本代表には、同じくらい選出されていますが、やはりJリーグで出場しているという点で、前田大然選手の方が上だと言うことが出来ます!

 

今は前田大然選手の方が優れていると言えますが、大学でしっかりと力を積み、即戦力でJリーグに乗り込んだ後に1年目から大活躍する可能性も高いので、今後はどうなるかは分かりません!

まとめ

 

 

今回は、コパ・アメリカに向けた日本代表に選出された2人の若手ストライカー、前田大然選手と上田絢世選手を紹介しました!

 

東京オリンピックを見据えているとはいえ、活躍すれば継続してA代表に呼ばれることはもちろんあると思うので、前田大然選手、上田絢世選手、他に選ばれたメンバーには是非頑張ってほしいですね!

 

そして、そんな日本代表のコパ・アメリカでの活躍に期待しましょう!

コメント