セレッソ西川潤とレッズ武田英寿。超高校級レフティーを比較!

スポンサーリンク

 

冬の恒例行事となっている、全国高校サッカー選手権。

先月行われた全国高校サッカー選手権でも、多くの感動が生まれました。

 

そんな大会に出場できなかった超高校級レフティー、大会に出場した超高校級レフティーがいます。

 

それが今回比較する、西川潤選手と武田英寿選手です。

毎年、素晴らしい選手が多く輩出される高校サッカーですが、そのタレントの中でもこの両選手は別格だと言われています!

未来の日本サッカーを担っていく逸材です。

 

それでは比較していきましょう!

スポンサーリンク

西川潤のプロフィール

View this post on Instagram

👍 #セレッソ大阪

A post shared by 西川潤 (@_junnishi) on

 

西川潤(にしかわじゅん)選手は、神奈川県川崎市出身、17歳のサッカー選手です。

セレッソ大阪に所属しています。

 

身長は180cm、体重は70kgで、ポジションは主にアタッカーです。

 

中学時代は、名門横浜F・マリノスのジュニアユースでプレーし、高校はお兄さんの影響を受けて中村俊輔選手なども輩出した桐光学園に進学します。

高校在学中から、ドイツの名門レヴァークーゼンなど国内外のプロチームの練習に参加し注目を集めていましたが、キャンプにも参加したセレッソ大阪に入団しました。

 

17歳ながらU20日本代表にも選出され、セレッソ大阪の先輩である元日本代表の清武弘嗣選手からも「本当に上手い」と言われるなど、これからが更に期待される選手です!

 

名門バルセロナも、規約が影響しない18歳になってから獲得を検討していると報道されているほどの選手です!

武田英寿のプロフィール

 

武田英寿(たけだひでとし)選手は、宮城県仙台市出身、18歳のサッカー選手です。

浦和レッズに所属しています!

 

身長は178kg、体重は68kgで、ポジションはMFです。

 

サッカーファンならお気づきの通り、英寿と言う名前は日本サッカー界のレジェンド中田英寿さんと同じですが、実際に中田英寿さんの英寿から来ているようです。

 

日本代表の柴崎岳選手を輩出し、近年の高校サッカー界で結果を残し続けている青森山田高校の出身です。

中学も青森山田でプレーしていました。

 

先月の高校サッカー選手権でも10番として青森山田を牽引し、準優勝に貢献しました。

 

超高校級の高校生しか獲得しない、浦和レッズからの期待も分かる、これからが楽しみな選手です。

西川潤と武田英寿の年俸を比較!

 

西川潤選手、武田英寿選手共に、初めはJ1の最低賃金の年俸を受け取ることになるので、今のところの年俸は同じでしょう!

 

しかし試合に出場を重ねるにつれて、最低賃金は上がっていきますし、出場給やゴール給も支給されるので、より多く試合に出る方が多くのお金を受け取ることになるでしょう!

 

より多くの試合に出場しそうなのは、西川潤選手なので西川潤選手の勝ちと言うことで良いでしょう!

西川潤と武田英寿の熱愛を比較!

 

西川潤選手、武田英寿選手共にまだ熱愛の情報はありませんでしたが、名門高校のサッカー部員はかなりモテるので、もしかしたら高校時代に彼女はいた、もしくは今もいるかも知れませんね!

 

しかし、正確な情報が無いので熱愛について比較することは出来ませんが、西川潤選手はサッカーも上手い、将来有望、とにかくイケメンと言うことなしで、武田英寿選手よりモテるので、熱愛を比較すると西川潤選手の勝ちと言って良いでしょう!

 

人生の勝ち組と言うやつですね!

まとめ

今回は、超高校級レフティーの両選手、西川潤選手と武田英寿選手を比較してきました!

総合的に見ると、西川潤選手の勝ちです。

 

この世代では、久保建英選手が一番注目されていますが、西川潤選手も久保建英選手級の選手だと思います!

 

今後の西川潤選手と武田英寿選手の活躍期待しましょう!

コメント