大坂なおみと伊達公子!日本の新旧テニス女王を比較!

スポンサーリンク

View this post on Instagram

All smiles 😁

A post shared by 大坂なおみ (@naomiosaka) on

 

いよいよ来年に迫った東京オリンピック。

日本代表の選手たちの、多くのメダルが期待されています!

 

中でも、大坂なおみ選手が出場すると見られている、女子テニスではメダルを獲得するのが濃厚。

金メダルの可能性も非常に高いと言われています!

 

今回は、そんな大坂なおみ選手と、元祖日本女子テニス界のスター、伊達公子さんの、2人の日本新旧テニス女王を紹介・比較していきます!

スポンサーリンク

大坂なおみのプロフィール

大坂なおみ(おおさかなおみ)選手は、大阪府大阪市中央区出身、アメリカ育ち、現在21歳(1997年10月16日生)のプロテニスプレーヤーです。

父親はハイチ人、母親は日本人のハーフです。

姉は大坂まりで、同じくテニス選手です。

 

現在、日米の二重国籍ですが、現在は日本国籍を選択すると言われています。

決定の時期は、未定です。

 

男女を通じて、アジア人初の世界ランキング1位に輝いたり、日本人初のグランドスラムシングルス優勝など、数々の素晴らしい成績を残してきています。

 

テニスの成績はもちろん、インタビューなどでの茶目っ気溢れる一面や、コマーシャルなどへの出演の多さから、テニス以外の人気も非常に高い選手です!

 

伊達公子のプロフィール

View this post on Instagram

伊達公子×YONEX PROJECT キャンプ2回目 スポルで品川大井町で8月1日、2日の2日間キャンプをやり終えました! 朝3時間&午後も3時間に加えてトレーニングに講義もというタフスケジュールをジュニア達は意欲的に取り組んでくれました。 お昼ごはんと夜ごはんは、炊飯器でご飯を炊いて、おかずはケータリングで栄養面も考えたものを用意してもらいました。 鶏むね肉にはアミノ酸の一種、イミダゾールペプチドが疲労回復成分が特に多く含まれて注目されています。アスリートのためのお弁当でした。 2回目のキャンプを終え、ジュニア達は全日本ジュニアも控えていて、結果を求めるのが当たり前だけれどしっかりとやるべきことをやりながら試合に挑んで欲しいです。 #伊達公子 #kimikodate #tennis #tennisplayer #テニス #テニスプレイヤー #テニスプレーヤー #スポル品川大井町 #yonex #yonextennis #yonexjapan #ヨネックス #ヨネックステニス #阿波尾鶏 #イミダゾールペプチド #鶏むね肉 #アスリート弁当 #のいきっちん

A post shared by Kimiko Date Official (@kimiko.date) on

 

伊達公子(だてきみこ)さんは、京都府京都市上京区出身、現在48歳(1970年9月28日生)の元プロテニスプレーヤーです。

現在は離婚していますが、一時期ドイツ人のレーシングドライバー、ミハエル・クルムさんと結婚していたので、クルム伊達公子さんの名前で認識している人も多いです。

 

6歳の時に、両親が健康維持のために行っていたテニスをプレーし始め、中学時代には滋賀県の大会で優勝、高校時代には、兵庫県尼崎市にあるテニスの名門校園田学園高等学校に進学し、インターハイでシングルスとダブルスの優勝、国体でも優勝と言う3冠獲得を達成します。

 

高校を卒業後、すぐにプロに転向し、相手が打ったボールをバウンドした直後に打ち返すと言う高等技術「ライジングショット」を武器に、世界の舞台でも躍進しました。

伊達公子さんが、グイグイと世界ランキングの順位を上げてきた際には、代名詞のライジングショットの使い手と言うことも踏まえて、「日本のライジング・サン(日の出)」と呼ばれていました。

 

数々の国際大会での優勝や、グランドスラムでのベスト4、日本人初の世界ランキングトップ10入り(最高は4位)など輝かしい実績を残し、2001年に引退をしています。

 

しかし、引退から7年後の2008年に現役復帰を果たし、グランドスラムへの出場、歴代2位の年長記録である38歳11か月30日でのWTAツアーシングルスでの優勝などを成し遂げました。

 

引退する2017年の1年前には、左膝半月板の大けがを負い、手術もしています。

引退前最後の大会、ジャパン女子オープンテニスでは、セルビアのアレクサンドラ・クルニッチ選手相手に1ゲームも奪えず、完敗しています。

 

しかし、2度の現役生活で日本のみならず世界を沸かし続けた日本女子テニス界歴代屈指の、名プレーヤーです。

 

大坂なおみと伊達公子 2人の実績比較!

 

成績を比較すると、大坂なおみ選手の方が上だと言っていいでしょう!

日本人初のグランドスラムシングルス優勝と、男女を通じてアジア人初の世界ランキング1位は伊達じゃありません!

 

しかし、そんな大坂なおみ選手や、日本女子テニスの先駆けとして国際大会での優勝や多くの偉業を成し遂げてきた伊達公子さんの凄さや存在と言うのは、他の誰とも比べられないくらいのものと言えるでしょう!

まとめ

View this post on Instagram

Last prep day 💪🎾

A post shared by 大坂なおみ (@naomiosaka) on

 

今回は、日本の新旧テニス女王の2人、大坂なおみ選手と伊達公子さんを比較・紹介してきました。

総合的に比べてみても、アメリカで雑誌の表紙を務めるまでに注目されている大坂なおみさんの方が上だと言えるでしょう!

 

そんな大坂なおみ選手が、日本代表として出場すると見られている来年の東京オリンピック。

男子には、錦織圭選手も出場する可能性が高いので、もしかしたら男女金メダル獲得なんてこともあるかも知れません!

 

そんな大注目のテニス。応援していきましょう!

コメント