大迫敬介と谷晃生。東京五輪サッカーのキーパー候補を比較

スポンサーリンク

 

View this post on Instagram

【STARTING LINE-UP】 GK 12 #大迫敬介(#サンフレッチェ広島) DF 2 #立田悠悟(#清水エスパルス ) 5 #杉岡大暉(#鹿島アントラーズ ) 17#町田浩樹(#鹿島アントラーズ ) 22 #橋岡大樹(#浦和レッズ ) MF 7 #田中駿汰(#大阪体育大 ) 8 #田中碧(#川崎フロンターレ ) 10 #食野亮太郎(#ハートオブミドロシアンFC ) 16 #相馬勇紀(#名古屋グランパス) FW 9 #小川航基 (#ジュビロ磐田 ) 19 #旗手怜央(#順天堂大 ) ・ ※一部ポジションに誤りがあったため再投稿しました ・ AFC U23選手権タイ2020 グループステージ第3戦 🇯🇵#U23日本代表 vs U-23カタール🇶🇦 ・ 📅1/15(水) 22:15KO 📍Rajamangala Stadium 📺テレビ朝日系列/NHK BS1 http://jfa.jp/national_team/u23_2020/afc_u23_championship_2020/ ・ #jfa #daihyo #AFCU23

A post shared by 日本サッカー協会(JFA) (@japanfootballassociation) on

 

この間行われたアジア選手権で、1分け2敗でアジア選手権を敗退したU23日本代表。

夏に控えた東京五輪に向けて、本当に勝てるのかどうか不安視されています!

 

1勝も出来なかったチームですが、ゴールキーパーの大迫敬介選手の好セーブが注目されました!

 

今回はそんな大迫敬介選手と、東京五輪守護神の座を坦々と狙っている谷晃生選手を比較していきます!

スポンサーリンク

大迫敬介のプロフィール

大迫敬介(おおさこけいすけ)選手は、1999年生まれ20歳の鹿児島県出水市出身の、プロサッカー選手です!

ポジションはゴールキーパーで、サンフレッチェ広島に所属しています。

 

セービングやキックの技術などは勿論ですが、20歳とは落ち着きとメンタルを武器にしています。

 

高校からサンフレッチェ広島の下部組織に所属し、高校1年生からトップチームに帯同するという超飛び級の片鱗を見せ、そのままトップチームに昇格をしています!

プロ入り2年目の昨シーズンに、それまでサンフレッチェ広島で正守護神を務めていた林卓人選手が怪我をしたことをきっかけに、アジアチャンピオンズリーグでデビューを飾り、その試合で好セーブを連発して一気にスタメンの座を奪っていました。

 

若手主体ではありますが、20歳ながらコパ・アメリカでA代表デビューもしている日本で1番有望視されているゴールキーパーです。

谷晃生のプロフィール

谷晃生(たにこうせい)選手は、大阪府出身2000年生まれ20歳のプロサッカー選手です。

ポジションはゴールキーパーで、ガンバ大阪に所属していますが、2020年シーズンは期限付き移籍で湘南ベルマーレに移籍しプレーします。

 

谷晃生選手も、高校1年生の時にトップチームに2種登録され、ユースからトップチームに移籍したのも堂安律選手に次ぐ飛び級昇格でした!

こちらも凄いことですよね!

 

湘南ベルマーレでの期限付き移籍で経験を積み、今後の将来が活躍されるゴールキーパーです。

大迫敬介と谷晃生の年俸を比較!

View this post on Instagram

#u22 #daihyo #japan

A post shared by Kosei Tani/谷 晃生 (@koseitani_00) on

 

若く才能がある2人の年俸ですが、2019年シーズンの大迫敬介選手の推定年俸が480万円、谷晃生選手の推定年俸が420万円だと言われています。

なので、年俸を比較すると大迫敬介選手の勝ちですね!

 

そして、大迫敬介選手の年俸は昨シーズンの活躍もあり、今シーズン跳ね上がると予想できるので、更に差がつきそうですね!

 

しかし、谷晃生選手の所属元のガンバ大阪はJリーグ内ではお金があるチームなので、今シーズンの活躍次第では年俸は更に上がるでしょう!

大迫敬介と谷晃生の熱愛を比較!

 

若く才能があり、ゴールキーパーなので高身長と女性からモテないわけないですが、両選手とも熱愛や彼女についての情報はありません。

 

しかし、大迫敬介選手の方が日本代表での活躍でメディアに露出等が多いので、人気やモテ度で言うと大迫敬介選手の方が高いと思うので、熱愛で言うと大迫敬介選手の方が勝ちと言っていいでしょう!

まとめ

 

今回は、東京五輪の守護神候補の2選手、大迫敬介選手と谷晃生選手を比較してきました。

総合的に比較すると、大迫敬介選手の勝ちですね!

 

しかし、谷晃生選手も才能があり有望な選手なので、これからに期待です!

 

東京五輪世代の日本代表選手は、久保建英選手や堂安律選手などの前線の選手が注目されがちですが、ゴールキーパーも今回紹介した大迫敬介選手と谷晃生選手の他にも小島亨介選手や山口瑠伊選手など才能がある選手がたくさんいます!

 

激しいライバル争いを乗り越え、本番の東京五輪に選出されるゴールキーパーには、是非日本のゴールを死守してほしいですね!

メンバー争いにも注目です!

コメント