働き方改革?残業なし?人生を活かす働き方を比較してみた

スポンサーリンク
わたし定時で帰ります その他

吉高由里子さん主演のドラマ「わたし、定時で帰ります。」が多くの反響を呼びました。

残業しない働き方をモットーに生きる主人公に憧れた人もいると思います。

その一方で、これはドラマだからできるんだよ。と諦めモードの方もいるでしょう。

そこで今回は働き方、特に「残業する・しない」に焦点を当て、比較してみました。

スポンサーリンク

残業は良い?悪い?


バブル期のCMに、「24時間戦えますか」というフレーズの曲が使われていたことがあります。

仕事をバリバリこなし、残業も当たり前、クタクタになるまで働く姿が美徳とされた時代。

現代なら完全「ブラック企業」のレッテルを貼られます。

残業は、必ずしも悪いものではないと筆者は思います。

残業手当がないと困るというワーカーもいるでしょう。

納期に間に合わないから仕方なく…という人もいるでしょう。

しかし「定時」というルールを前にすると、残業は基本的にルール外です。

残業するのであれば、何時まで、残業手当は必ず貰う、体を壊さない程度に…と、自分でルールを設けましょう。

コメント