田中駿汰と旗手怜央。現役大学生U23代表コンビを比較!

スポンサーリンク

 

東京オリンピックまで、残り半年ほど!

様々なスポーツで代表内定者が出てきていました!

期待の気持ちがどんどん湧いてきます!

 

サッカーは、東京オリンピックに向かうU23代表が先日のアジア選手権で惨敗し、かなり不安視されています!

しかし、サッカーはかなりの人気スポーツ!素晴らしい結果を残してほしいですよね!

 

今回は、そんなU23代表候補の中でも、現役大学生でメンバーに選ばれていた注目の選手、旗手怜央選手と田中駿汰選手を比較していきます!

プロの選手からほとんど選ばれている中で、大学生から選ばれていると言うこと、すごいですよね!

それでは比較していきましょう

スポンサーリンク

田中駿汰のプロフィール

View this post on Instagram

2020Jリーグ新人研修の オフショットをお届け🔰✨  今シーズンからJリーグ選手になる選手から すでにJリーグでの活躍を見せる選手まで‼️ 若き才能たちから目が離せません👀   #Jリーグ #jleague #Jリーグ開幕  #soccer #football #⚽️ #オフショット #offshoot #📸  #鹿島アントラーズ #上田綺世 #松村優太 #ヴィッセル神戸 #山川哲史 #浦和レッズ #武田英寿 #北海道コンサドーレ札幌 #高嶺朋樹 #金子拓郎 #田中駿汰 #川崎フロンターレ #旗手怜央 #セレッソ大阪 #西川潤 #ガンバ大阪 #山本悠樹 #横浜Fマリノス #オビパウエルオビンナ #池田航

A post shared by J.LEAGUE OFFICIAL (@jleaguejp) on

田中駿汰(たなかしゅんた)選手は、大阪府出身、22歳のサッカー選手です!

まだ大阪体育大学に在学中ですが、卒業後、今シーズンから北海道コンサドーレ札幌でプレーします。

 

身長は183cm、体重は68kgで、ポジションは主にDFを務めます!

 

本田圭佑選手や、家長昭博選手などを輩出した名門ガンバ大阪ユース出身で、高校は大阪府のサッカー強豪校履正社高校に進学しています!

履正社高校卒業後は、またまた大阪体育大学に進学しています!

 

ずっと大阪でプレーしていたと言うことになりますね!

 

大学での活躍が認められて、北海道コンサドーレ札幌に加入が決定しました!

そして特別指定選手としても、北海道コンサドーレ札幌のメンバーとして承認されていました!

 

昨年末には、EAFF E-1サッカー選手権2019のメンバーに選出され、大学生ながら日本代表のA代表デビューもしています!

 

プロの世界でも、大学サッカー界のような活躍が出来るか、かなり注目されている選手です!

旗手怜央のプロフィール。

 

旗手怜央(はたてれお)選手は、三重県鈴鹿市出身22歳のサッカー選手です!

まだ順天堂大学の現役大学生ですが、今シーズン卒業後は川崎フロンターレでプレーします。

 

身長171cm、体重70kgでポジションは主にFWを務めます!

 

中学時代は、三重の名門ジュニアユースチーム、四日市FCでプレーし、高校は先日の全国高校サッカー選手権大会でも優勝した静岡学園に進学しています!

旗手怜央選手の持ち前のテクニックは、高校時代に培われたものなのでしょう!

 

そして大学は順天堂大学に進学し、そこでの活躍が認められて川崎フロンターレに加入しました!

世代別の代表としても、多くの大会に出場しています!

 

川崎フロンターレは、Jリーグでも屈指のタレント力があるので、そこで試合に出続けられるかどうかが旗手怜央選手のオリンピック出場にも関わってくるでしょう!

田中駿汰と旗手怜央の熱愛を比較!

 

まだ若い田中駿汰選手と旗手怜央選手なので、熱愛についての情報はありませんでした!

 

しかし、知名度や人気が高いのは旗手怜央選手なので、モテそうと言うことを考えたら、旗手怜央選手の勝ちです!

 

サッカー選手ってモテるイメージがありますよね!

田中駿汰と旗手怜央の年俸を比較!

 

田中駿汰選手、旗手怜央選手ともに今シーズンからプロになるので、初めはあまり年俸に差は無いと思います!

 

しかし、所属チームの川崎フロンターレと北海道コンサドーレ札幌を比較すると、川崎フロンターレの方が金銭的に裕福なチームなので、ゴール給や試合給などを加算されると言うことを考えると、年俸に関しては川崎フロンターレに所属する旗手怜央選手の勝ちです!

まとめ

View this post on Instagram

U-21日本代表は8月27日(月)、第18回アジア競技大会の準々決勝を戦い、 #岩崎悠人 選手の2得点によりサウジアラビアに2-1で勝利してベスト4進出を決めました。 ・ ラウンド16のマレーシア戦から選手を1名変更し、日本はGK #小島亨介 選手、ディフェンスラインに #大南拓磨 選手、 #立田悠悟 選手、 #板倉滉 選手、右ウィングバックに #長沼洋一 選手、左に #杉岡大暉 選手、中盤は #渡辺皓太 選手、 #松本泰志 選手、前線はワントップの #前田大然 選手、シャドーの #旗手怜央 選手、 #岩崎悠人 選手で試合をスタートさせます。 ・ 準決勝は29日(水)に行われ、日本はアラブ首長国連邦(UAE)と対戦します。 ・ #jfa #daihyo #U21 #AsianGames2018 #EnergyOfAsia #がんばれニッポン ・ 第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン) 2018/8/18(土)~2018/9/2(日) 【男子】準決勝 8月29日(水)21:30(日本時間) vs アラブ首長国連邦🇦🇪 ・ 👉詳しい情報は、JFA.jpへ

A post shared by 日本サッカー協会(JFA) (@japanfootballassociation) on

 

今回は、現役大学生でサッカーのU23代表メンバーの両選手、田中駿汰選手と旗手怜央選手を比較してきました!

総合的に見ると、旗手怜央選手の勝ちと言えそうです!

 

しかし、田中駿汰選手も大学生ながらA代表デビューも果たしている期待の若手なので、これからの活躍で勝敗は変わってくるでしょう!

 

田中駿汰選手と旗手怜央選手。一体メンバーに残ることは出来るでしょうか!

注目していきましょう!

 

コメント