ザイオン・ウィリアムソンとレブロン・ジェームズ!バスケ界のスターを比較!

スポンサーリンク

皆さん、バスケットボール界の神様マイケル・ジョーダンは知っていますよね!

 

かなり前に引退していますが、バスケットボールでの凄さはもちろん、現在でもジョーダンのアパレルも世界中で大人気なので、そっちで知っている人も多いのではないでしょうか!

 

どこを比べるかで、どちらが優れているかは変わりますが、そんな神様マイケル・ジョーダンと唯一比べられると言われているのが、現在NBAで1番のスターだと言われている“キング”レブロン・ジェームスです。

 

マイケル・ジョーダン引退後のNBAは、人気が低迷するのではないかと言われていましたが、このレブロン・ジェームスを中心に盛り上がりを見せ、人気を獲得し続けてきました。

 

このことからも分かるように、レブロン・ジェームスはマイケル・ジョーダンに負けず劣らずのバスケットボール界の大スターです。

 

そんなレブロン・ジェームスの才能に並ぶ、またはそれ以上の才能を持っていると期待されているのが、現在デューク大学に所属しているザイオン・ウィリアムソンです。

 

ザイオン・ウィリアムソンはまだ18歳のバスケットボール選手ですが、半端ない才能を見せています。

 

今回は、そんなザイオン・ウィリアムソンとレブロン・ジェームス。2人のバスケットボール界のスターを比較などしながら、紹介していきます!

 

目次

・ザイオン・ウィリアムソンのプロフィール
・レブロン・ジェームスのプロフィール
・ザイオン・ウィリアムソンとレブロン・ジェームスのプレースタイルを比較
・ザイオン・ウィリアムソンとレブロン・ジェームスの私生活を比較
・まとめ

スポンサーリンク

ザイオン・ウィリアムソンのプロフィール

View this post on Instagram

📸F L A S H I N G L I G H T S📸

A post shared by Zion Williamson (@zionwilliamson) on

ザイオン・ウィリアムソンは、現在デューク大学に所属する2000年7月7日生まれ、18歳のアメリカ人バスケットボール選手です。

 

身長は現在204cm、体重は129kgです。

ザイオン・ウィリアムソンのポジションはSF/PFです。129kgと言うとバスケットボールのポジションで1番のビッグマンが集まるポジション、Cの選手ばりの体重です。

 

少し体脂肪を落とした方がいいと言う声もありますが、それ以上に筋肉量が物凄いので、その筋肉を駆使した身体能力やバネを活かしたダンクやリバウンド、ブロックを得意としています。

 

そして、ゴリゴリな身体からは想像のつかないシュートタッチやパスなども時折見せてくれる選手です。

レブロン・ジェームズのプロフィール

View this post on Instagram

🚀👑

A post shared by LeBron James (@kingjames) on

レブロン・ジェームズは、現在ロサンゼルス・レイカーズに所属する34歳のアメリカを代表するバスケットボール選手です。

 

レブロン・ジェームズの身長・体重は、203cm・112kg。ポジションは主にザイオン・ウィリアムソンと同じくSF/PFを務めていますが、PGからCまで5つ全てのポジションをこなすことが出来るほど、器用な選手です。

 

器用で全てのプレーを問題なくこなせるだけではなく、フィジカルや身体能力、パワーも世界屈指のものを誇っています。

 

個人の成績では、新人王やNBAシーズンMVP、ファイナルMVP等を獲得しています。

チームの成績も、3度のNBAチャンピオンに輝いています。

 

レブロン・ジェームズは本当に何でもできるので、この他に歴代の得点やアシスト、リバウンド、ブロックなどでほとんど歴代10位に名前が入っています。

現代のバスケットボール選手で、間違いなく最高の選手です。

ザイオン・ウィリアムソンとレブロン・ジェームズのプレースタイルを比較

個人的に、2人のプレースタイルはかなり似ていると思います。

 

身体能力の高さ、アシスト能力などが似ている気がします。

しかし、現在レブロン・ジェームズは34歳。いまだに高い身体能力を活かしたダンクなどを見せてくれますが、身体能力やダンクの迫力などはザイオン・ウィリアムソンのほうが凄いのではないでしょうか!

 

レブロン・ジェームズの全盛期と比べても、身体能力で言えばザイオン・ウィリアムソンのほうが高いかもしれません!

それくらいザイオン・ウィリアムソンの身体能力は化け物です。

 

その他のゲームメイクやアシスト、ディフェンスなど全ての実力で言えば、やはりレブロン・ジェームズの方が優れています。

 

しかし、なかなかこのレブロン・ジェームズと比べられるような選手はいないので、まだNBAに入っていない選手が比べられると言うのはかなり凄いことです!

 

もう少し成長したザイオン・ウィリアムソン。どんな選手になっているか、かなり楽しみです!

ザイオン・ウィリアムソンとレブロン・ジェームスの私生活を比較

View this post on Instagram

🔵I N T H E 6️⃣ W I T H M Y W O E S🔵

A post shared by Zion Williamson (@zionwilliamson) on

NBA選手と言えば、かなり高額な給与を貰っていることが有名ですが、レブロン・ジェームズは2014年に年俸+副業収入なども含めて、1年で約72億以上を稼いだとされています。

現在もそれと同等の金額を稼いでいるはずです。

 

ザイオン・ウィリアムソンは大学から、手厚すぎるサポート等を受けていますが、サラリーを受け取ってはいけないとされているので、この面では比べることが出来ません!

 

72億はとんでもない数字ですが、ザイオン・ウィリアムソンがNBA入りして何年かすれば、この金額には到達するのではないでしょうか!

まとめ

 

今回は、レブロン・ジェームズとザイオン・ウィリアムソンのバスケットボールスター選手を紹介しました。

 

次のNBAドラフトでザイオン・ウィリアムソンが順当に選ばれれば、レブロン・ジェームズ、ザイオン・ウィリアムソンこの2人が同時にNBAでのプレーをすることになります。

 

そして2人のマッチアップなどが実現すれば、かなり熱いです!

 

今後もNBAから目が離せませんよ!

コメント